20世紀の余剰を21世紀の価値へ

「SAMURAI」運営者メッセージ

はじめまして。「SAMURAI」を企画運営している有限会社エミリアの岡崎 順子です。

 SAMURAIの始まりは、リサイクル会社を経営する私の友人が、とあるリサイクル工場にて捨てられた山積みの着物を見たことからです。そのリサイクル会社では衣類を種類別に分けて海外へ輸出していましたが、きものだけは再利用しにくく引取り手がないので他の繊維の隙間に少しづつしのばせて処分しているとのことで、どうにか活かす方法はないのかと、着物を茶道でときどき着る私にご相談いただいたのが始まりです。2016年末です。

服や着物が大好きで長年仕事での販売や自らも着ることを楽しんできた私にとって上の写真のリサイクル工業を見学した時はとてもショックでした。この光景に加担しているのはまさに自分自身だと思いました。

 弊社は1995年の創業より輸入ブランド婦人服の販売会社です。年に何回か海外へ買い付けへ行くので為替リスクを回避しようと欧米の経済を少し勉強していました。そんな中で資本主義の「経済成長」のシステムの行き詰まりを年々肌で感じ、未来の成長の可能性の鈍さや、無理矢理な資本主義の延命活動が人を不幸にしていると年々実感。すでに大量の服を所有している顧客へ、業界の都合で作られたシーズン毎に新作と言って必要以上に販売することに疑問と罪悪感が高まり、販売するよりもむしろ引き取るほうが顧客のためになるのではと服の販売を思い切ってやめることを決意。長年のおつきあいの顧客やスタッフたちの「やめないで」の声にも応えながらさらに5年後、断腸の想いで20年目の節目に、海外からの輸入や国内の仕入れをすべて止めました。(販売は謝恩価格にて現在も継続中)www.emiria.jp

  

  年に数回買い付けに欧米へ渡航するたびに、年々日本を客観視できるようになり、日本の価値をあらためて実感していました。海外で、日本という国や日本人、日本文化の評価の高さに、欧米文化推奨で育ってきた自分には心底驚かされました。祖国についての知識教養は稚拙で、日本人としての誇りや愛国心のなさに海外で気づきます。情けなくも日本文化ひとつきちんと説明できませんでした。現地でブランド側に有利な条件で人気ブランドを輸入し国内へ販売する。よくよく考えてみれば他国の経済発展に貢献する仕事でした。そのブランド力に依存しているのだから仕方ありません。でもだんだんと悔しさと焦りを感じるのと同時に、日本にも決して海外のどんなブランドにも引けをとらない文化があると思い出し、着る余裕なく箪笥の肥やしになっていた嫁入支度の着物を海外出張時に着はじめました。するとすごく絶賛され、着物を着ているときと着ていないときの扱いの差も雲泥の差、服を着ているときより丁重に扱われるのです。同時に日本について国内外の人に少しは説明できるようにならないとと実感、2013年から時間を捻出して茶道も習い始め、だんだんと自分のルーツである日本を見つめる機会が増えていったのです。

国内にいるとなぜか日本人は駄目で、すばらしい欧米人を見習えのような洗脳が多く、祖国の高い実力と、思い込まされてきた低評価の差をひしひしと感じ、日本人として何とかしてその差を縮めたい、今一度海外の人へだけでなく日本人へも日本のよさや価値を再認識できるような情報やモノ、サービスを発信したいと年々思いが強くなってきていました。でも、何をどうしていいのかまったくわからず時間だけが過ぎる中でお話をいただき、もしかして私にも何かできるのではと、2つ返事で引き受けたのが「SAMURAI」誕生するきっかけになったのです。

 

 我々は大量生産大量消費大量破棄で経済が回る近代資本主義社会のエピローグ生まれです。その環境を維持するためにメディアによって常に次々と新しいライフスタイルのモデルも示され、モノを蒐集していれば時を経ることができました。しかし経済は発展し生活は豊かになりコレクションはこの上ない完成度になったのにもかかわらず幸せは比例していなかったことに気づきます。それどころか、人も地球も溢れたモノに押しつぶされそうになっていました。ではどうすれば地球もヒトもモノも幸せなのか。この難問へのひとつの回答として、

「SAMURAI」のコンセプトを

  「Reduce」  ”ムダを減らす” 20世紀の大量生産大量消費大量破棄のムダを21世紀の価値へ

  「Remake」   祖父母やご両親、妻や思い人など大切だった方の着物を思い出とともに身近なカタチへ

Regain」   戦後なくなってしまった日本への”誇り”を取り戻す

として、資源や生産されすぎたモノを無駄にせずに活かし、地球の環境や、何かの、誰かのお役に立てられたらと考えます。このネクタイブランドの名前をサムライ「SAMURAI」としたのは、海外の方にわかりやすいから。着物をはじめ世界に誇れるオリジナリティやハイクオリティの日本文化や日本のよさ、日本人の価値を、海外の人へと同時に日本人の方々にも、かつてサムライが生きていた時代には持っていた”誇り”を取り戻せたらとの思いで名付けました。少しづつできることから実行していけたらと思っております。ご協力ご支援ご指導をよろしくお願い申しあげます。

翻訳 Translation

お買上1万円以上送料無料!

海外発送は別料金となります。

最新のサムライ伝

Twitter でフォロー

PAGE TOP